ケータイサイトでの被害が多数を占めるワンクリック詐欺

根拠のない請求は無視が基本

主に携帯電話で出会い系サイトやアダルトサイトを閲覧中に、興味のある画像に「詳しくはコチラをクリック!」などの誘導文があり、それをクリックすると「登録手続きが完了しました」などのメッセージが表示され、登録料の名義で支払いを請求する手口の詐欺です。

閲覧者を逃さないようにするため、「携帯電話の固体認識番号を登録させていただきました」「あなたのIPアドレスは208.56.XXX.XXXです」「3日以内にお支払いが確認できない場合はご自宅や勤務先に回収に伺います」などの文章が表示されるケースが典型的なワンクリック詐欺のパターンです。

出会い系サイトやアダルトサイトでの被害が多いため、他人に相談するのは恥ずかしい、あるいは勤務先に請求が来ることを恐れて、言われるがままに料金を支払ってしまう人は少なくありません。それが詐欺を行う者の狙いであり、請求される金額も、「勉強料」と思って諦めがつく範囲内なのも巧妙なところです。

ワンクリックで「登録完了」と表示され、「携帯電話の固体認識番号やIPアドレスが云々…」とあたかもこちらの個人情報がまるわかりのようでも、慌てないことです。携帯電話の「個体識別番号」、「IPアドレス」などの情報からサイト閲覧者の名前、住所、携帯電話番号等の個人情報が把握されることはありません。

また「あなたのメールアドレスは ○△×@xxx.ne.jp です」と表示され、慌てる人もいますが、携帯電話端末に備わっている「メールアドレスを表示させる機能」を利用して、あたかもサイト運営者にメールアドレスが伝わったかのよう表示しているだけであり、サイト運営者がメールアドレスを入手したわけではありません。

このように個人情報が特定されることはありませんので、ワンクリック詐欺に対する基本的な姿勢としては「無視」が一番簡単です。間違っても「お問い合わせ」に直接電話で連絡を取ったりしてはいけません。心配な場合は消費生活センターなどに相談しましょう。